【遠征】新幹線少しでも安く乗る方法【交通費節約】

地方からコンサートへの移動手段として少しでも安く新幹線に乗れる方法をまとめました。

スポンサーリンク

「ぷらっとこだま」を利用する

東京~新大阪間

停車駅が多く目的地到着まで時間がかかってしまう「こだま」
利用者が少ない為かお得な利用方法があります。それが「ぷらっとこだま」です。

時間はかかりますが新幹線利用の中ではかなり抑えられる方法です。

主要駅価格例(この記事を書いている時点・通常期)
東京・品川から
→名古屋 \9,100(約2時間50分)
→京都 \11,600(約3時間50分)
→新大阪 \11,800(約4時間)

新大阪から
→名古屋 \6,600(約1時間10分)

グリーン車には1,000円~1,500円追加でアップグレード可能です。

この「ぷらっとこだま」は新幹線の切符ではなく「募集型企画旅行」という扱いなので少し利用に制限があるので気をつけましょう。

前日までに購入しなければいけません。

当日の予約は出来ません。
インターネットでは1ヵ月前(前月の同じ日)の11時から出発5日前まで、電話なら出発2日前(店頭受け取りの場合※支店休業日を除く)まで、店頭なら出発前日まで購入できます。

座席が指定されています。

指定された座席のみ有効で同じ便の自由席は利用できません。
ぷらっとこだま購入時に窓側、通路側などは指定できますのでこれは特に問題ないと思います。

指定されたこだま号のみ利用できます。

指定の便を乗り逃がしたから次の便の自由席を利用することは出来ません。

途中下車が出来ません。

例えば、東京→新大阪までのチケットを購入したら名古屋で降りられません。

指定された新幹線専用改札口からのみ入れます。

これも特に難しいことは無く、チケットを一緒に案内される改札を通るだけです。

予約は変更できません。

旅行開始の前日から起算して10日目より手数料がかかってしまいます。

添乗員は同行しません。

これは普通の新幹線チケットと同じなので問題ありませんね。

1ドリンク引き換え件が付きます

駅構内のお弁当屋さんで交換が出来ます。

「ぷらっとこだま」利用感想

私は10月の台風直撃の日に新大阪→東京で利用しました^^;

予約・購入はインターネットを通して、チケット受け渡しは発送を選択。わざわざ店頭に行かなくても購入できるのはとてもありがたいです。

チケットを譲っていただけることが決まってからの予約だったので普通席は売り切れ、グリーン席が1席残っているだけでしたのでグリーン席を購入。
東京新大阪間は4時間かかるので結果的にグリーン席を購入したことで体の方は楽だったかもしれません。

そして出発日は台風直撃、駅には新幹線が止まる前に乗ってしまおうと予約変更される方で長蛇の列。
私の予約したこだまは乗車する時は通常運行と聞いたのでそのまま乗り込んだのですが、実際は出発が30分ほど遅れ気が気じゃありませんでした^^;(運行はしているので払い戻し対象ではありません)

結果無事にコンサートへは参加できたのですが、天候が悪い時期や、余裕の無いスケジュール組みでぷらっとこだまは少々心臓に悪いかな、という印象でした。

「ぷらっとこだま」メリットデメリットまとめ

メリットとしては予定がしっかり決まっている場合(予定変更のリスクが無い場合)、は非常に安く新幹線を利用できる数少ない方法です。
デメリットはのぞみなどと比べると移動に時間がかかる、一度予約してしまうと変更がしにくい、格安なので人気があり売り切れることがあるという点です。

天候が落ち着いている時期のコンサート遠征にはチケットが取れた時点ですぐに予約するのがおすすめです!

新幹線自由席用早特往復きっぷ

新大阪~名古屋間
大人:9,150円(子供料金はありません)

新大阪~名古屋間の新幹線普通車自由席が利用できる往復タイプの切符です。
自由席のみの利用ですがのぞみにも使えます。

発売箇所はみどりの窓口&取り扱い旅行会社でネット販売は無し。
乗車日の1ヶ月前から7日前までの発売で6日前からは購入が出来ません。
また通年で発売していますが発売枚数に制限があり、希望の切符が売り切れていることもあります。

新大阪名古屋間のみですが利用する日時が決まっていると大変お買い得な切符です。

途中下車することはできません。途中駅で下車された場合は、前途無効となります。
新幹線の乗継利用はできません。

「バリ得こだま」

新大阪~博多間

主要駅価格例(この記事を書いている時点・通常期)
新大阪→博多 \7,700
新大阪→小倉 \7,100
新神戸→博多 \7,500
新神戸→小倉 \6,900
西明石→博多 \7,300
西明石→小倉 \6,700
姫路→博多 \7,100
姫路→小倉 \6,500

こちらも「ぷらっとこだま」と同じように募集型企画旅行なので厳密には新幹線の切符とは扱いが違いますので注意しましょう。

取扱は関西エリアの日本旅行など取り扱い支店限定で九州その他の支店での取扱いは無し。
インターネット申し込みは可能。(みどりの窓口では買えない。)

出発時の前日まで申し込み可能
キヨスククーポン300円分が付きます。

「こだま早特往復きっぷ」

大阪~神姫→北九州~福岡 ¥15,430
子供は一律3,000円

14日前まで購入可能
電話購入かみどりの窓口にて取り扱い。

「こだま指定席往復きっぷ」

設定区間が独特なので利用区間が合えばお得に使えます。


新大阪→岡山~広島 \7,200~\12,800
岡山→広島~新山口 \7,200~\11,310
広島→新山口~博多 \7,200~\11,310

前日まで購入可能で2名からのみ販売
電話購入かみどりの窓口にて取り扱い

金券ショップを利用する

大きな駅周辺には金券ショップがあるのでそこを利用しましょう。
扱っている切符は新幹線回数券のばら売りなので、当日に席を指定したり、1回までなら指定を変更したり、そのまま指定無しで自由席に乗ったりと今までご紹介したチケットよりも利便性があります。
また利用しなかった場合他の人に譲ることも可能。

ただ、繁忙期(ゴールデンウィーク、盆、年末年始など)の利用が出来ないチケットですので気をつけましょう。



エクスプレス予約会員関係のチケット

会員制のネット予約サービスの「エクスプレス予約(東海道・山陽新幹線)」経由の割引チケットは何種類かあるのですが、利用条件が「カード入会」が条件なのでこのページでは省きました。

条件のカード年会費が1,000円前後(一部条件を満たしてで無料)かかりますのでご自身の利用頻度と割引率を検討してみてください。

新幹線を少しでも安く利用する為のまとめ

ぷらっとこだまは東京~新大阪間と適応期間が広く価格も安いので東京、大阪、名古屋の会場をカバーできて便利ですので時移動時間に制約のない方はおすすめです。

そのほか紹介したチケットは適応区間が狭いの代わりに大変お得ですのでコンサート会場ごとに使い分けましょう。

移動時間を短く、早くしたい方は正規に購入するより多少お安く利便性があるので金券ショップの回数券ばら売りがおすすめです。

スポンサーリンク

ジャニオタ遠征費用にグッズ高額買取

コンサートの遠征費やグッズ代に困っていませんか?
そんな時は今まで買ったグッズを売って遠征費に当てましょう!

ジャニーズのグッズ買い取りはいろんな会社がありますが、経験上ジャニヤードが一番おすすめです。

と言うのも、同じ商品をジャニヤードとジャニヤードと同じ位ジャニオタに有名な某会社に送って査定してもらったところ、商品233点でジャニヤードでは44,740円、某会社では24,520円でした^^;

あとジャニヤードは希望すれば明細を出してくれるのも安心です。某会社では先に言わないと出してくれないし、後から明細がほしいと言ったら、一度送料負担で返却してもう一度査定申込しないと出せないと言われました…。

申し込みするだけで無料でダンボールとガムテープを送ってくれて、荷物を送る送料もジャニヤード持ちで安心!

ジャニーズグッズ売るならジャニヤード
スポンサーリンク